<{$productlist[num].name}>

《お得なバリューセットA》DJI FPV Combo+Card DJI Care Refresh 2-Year Plan (DJI FPV) JP+SDカード

193,000円(内税)

購入数

  • 中古の買取りも承ります
※店頭引き取りご希望の場合は、『備考欄』にその旨お知らせください。

DJI FPV Combo+Card DJI Care Refresh 2-Year Plan (DJI FPV) JP+SDカードのお得なセットになります。



飛行の新次元へ


概要
没入感あふれる飛行体験 4K/60fps 超広角FOV HD低遅延伝送
刷新されたSモード 直感的に使えるモーションコントローラー 緊急ブレーキ&ホバリング

かつてないほど洗練されたFPVドローン
スタイリッシュなボディに、航空力学に基づいた設計が施されたDJI FPV。パワフルな推進力、優れたバッテリー駆動時間、耐風性を兼ね備え、外観・機能性ともに圧倒的なクオリティを実現しています。

さらにDJI FPVの機体の特徴として挙げられるのは、フロントLEDとアームライト。アームライトの色はカスタマイズでき、自分の機体をすぐに識別することができます。

新次元の没入感。抜群の制御レベル
DJI FPV Goggles V2[1]とDJI FPVドローンの超広角150°FOV[2]により、スリル満点の没入型飛行をお楽しみいただけます。最大120fpsのHD動画伝送により、非常に滑らかな飛行映像をリアルタイムで表示します。

超広角150° 84° 超広角150° 最大フレームレート120fps

経験豊かなFPVパイロットでも全くの初心者でも、DJI FPVの3つのフライトモードから自分に合ったモードを選択できるため、安心して飛行できます。

Sモード
Sモードでは、FPVのダイナミックな映像を簡単に楽しめます。NモードとMモードのハイブリッドで、マニュアル操作の自由度と従来のDJIドローンと同じ簡単な制御を兼ね備えたフライトモードです。

Nモード
初心者にはNモード。従来のドローン制御方法で没入型飛行を体験でき、さらに、障害物検知のようなDJIの安全機能も備えています。[3]

Mモード
Mモードでは、自由度の高い完全なマニュアル操作と完全なFPV飛行体験を楽しむことができます。パラメーターを自分で調整し、いままでにない飛行と映像を体験できます。

緊急ブレーキ&ホバリング
プロであっても、マニュアル操作でのFPV飛行は、不安を覚える瞬間があります。そのような時のために、DJI FPVの送信機には緊急ブレーキ&ホバリング機能を搭載。ボタンを押せば、どのようなモードや速度であっても、飛行中の機体は数秒のうちに停止し、安定した状態でホバリングします。

高度安全機能
底部補助ライト、スマートRTH (Return-to-Home)、ローバッテリーRTH、前方&下方障害物検知といった機能が全てDJI FPVに搭載されているので、高速飛行中であっても、安全性を確保します。



期待を裏切らない、DJIの映像技術
飛行性能の進化とともに、映像技術も向上。

パワフルな推進力に加え、150°超広角FOVを備えたDJI FPVは、他に類を見ない迫力あるビューを提供。4倍スローモーション、RockSteady映像ブレ補正、歪み補正機能により、さらに滑らかで臨場感あふれる映像をお届けします。

リアルを超える、映像クオリティ
DJI FPVの機体は、最大120 Mbpsの4K/60fps動画を撮影可能。ディテールを鮮明に逃さず捉え、飛行の興奮を残さず記録します。
ビットレート:120Mbps
ビデオ:4K/60fps

RockSteady映像ブレ補正
どんなにダイナミックな飛行に挑戦しても、RockSteady EIS技術があれば、驚くほど滑らかな映像を撮影可能。

*H.264とH.265動画コーディング形式のどちらにも対応。動画編集の選択肢が広がります。

新登場 DJI O3
DJI FPVは、その独自のニーズにあわせて、DJI O3 (OcuSync 3.0)伝送システムを搭載。クリアな映像を、最大6 kmの距離までリアルタイムで伝送することができます。

動画伝送レイテンシー:28 ms

DJI FPVの動画伝送の遅延時間:28 ms以下
動画伝送ビットレート:50 Mbps

DJI FPVの動画伝送ビットレート:最大50 Mbps。
動画伝送距離:6 km

DJI FPVのHD動画伝送距離:最大6 km。

自動切替機能で、スムーズ伝送
DJI FPVは、2.4 GHzと5.8 GHz周波数帯の自動切替機能に対応(日本国内は2.4 GHzのみ対応)。動画伝送ビットレートは最大50 Mbps[8]を実現し、スタッター現象や圧縮アーティファクトの影響を大幅に削減することができます。機体の高利得アンテナには、3つの送信部と4つの受信部があり、より強い信号を送受信し、非常に安定した動画映像を実現します。

* 信号ロスト状態の場合、DJI FPVは自動でフェールセーフRTHを有効にします。



安全を考慮した飛行
ユーザーに安全をに使っていただくため、DJI FPVはADS-B (放送型自動位置情報伝送・監視機能)を内蔵。このシステムは、ご利用のエリア内の有人航空機の飛行位置情報を取得し、Goggles V2に警告を送信するので、近くで飛行中の有人航空機を十分な余裕を持って回避することができます。

簡単パーツ交換
DJI FPVの機体はモジュラー設計で、ジンバルカメラ、ランディングギア、トップシェルは全て簡単に交換できるため、修理が必要な場合に便利です。DJI Care Refreshも利用でき、様々な種類の損傷をカバーするため、思いっきり飛行することができます。

DJI Virtual Flightアプリ
実際の飛行前に、DJI Virtual Flightアプリを使って、リアルな仮想空間で飛行を練習しましょう。DJI FPV Goggles V2と送信機を接続するだけで、安心の仮想環境で飛行技術を習得できます。

オーディエンスモードで、飛行の興奮をシェア
DJI FPVはオーディエンスモードに対応。別のDJI FPV Goggles V2 ユニットを自分の機体のチャンネルにセットするだけで、 ゴーグルで見ている飛行映像を共有することができます。

DJI Flyアプリ
スマートフォン ライブビュー 編集&シェア フライスポット
スマートフォンとゴーグルがケーブルで接続されている場合、ゴーグルからのライブビュー映像をスマートフォンのDJI Flyアプリで見ることができます。
DJI Flyアプリ上で数タップするだけで、映像を再生・編集でき、SNSで共有もできます。
フライスポット機能を使えば、近くの人気空撮スポットを見つけることができます。

複雑な配線や組立は、もう必要ありません。このDJI FPVには、必要なものが全て組み立てられ、すぐに使える状態で同梱されています。機体、送信機、ゴーグルの電源を入れてアクティベートするだけで、すぐに飛行を開始できます。



脚注:
1. DJI FPVの飛行前に、必ず現地の法律や規則を確認してください。安全に飛行し、現地の法律や規則を遵守していることを確認してください。日本国内において屋外でゴーグルを使用しての飛行は目視外飛行になり、航空局からの飛行の許可・承認を取得する必要があります。
2. 150°FOVは、50 fpsまたは100 fpsで撮影する場合にのみ適用。
3. 機体がNモードの時のみ、障害物検知機能は利用できます。このモードでは、DJI FPVは障害物を検知すると自動で減速しますが、自動で停止するわけではありません。
4. 使用中に飛行安全性を確保するため、補助者を設け、飛行環境を監視してもらう必要があります。Mモード使用時に正確に制御するには、スラスト操作スティックの背面(モード1で飛行する場合は右側、モード2で飛行する場合は左側)のF1ねじを調整し、操作スティックが中央に戻らないようにしてください。
5. DJI FPVは、2種類の動画コーディング形式に対応していますが、DJI FPV Goggles V2は、H.264にのみ対応しています。
6. 映像伝送の遅延時間(レイテンシー)は、810p/120fpsのスムーズモードで28 m/s以下、810p/60fpsのHDモードで40 ms以下です。
7. MICに準拠している場合(FCCでは、最大10 km)。障害物、電波干渉のない環境での測定値です。必ず現地の法律および規制に従い、許可がない限り、目視範囲内でドローンとその周囲を常時監視して飛行させてください。
8. 最大動画伝送ビットレートは50 Mbpsです。障害物や電波干渉のない、開けた屋外の環境で測定された値です。
9. DJI Care Refresh (DJI FPV)は、ドローンを安心して飛ばしていただける保証プランです。DJI Care Refresh (DJI FPV) は、少額の追加料金で、製品交換サービスを提供します。DJI Care Refresh(2年プラン)を購入すると、通常1年間のメーカー保証が2年間まで延長されます。
10. DJI Virtual Flightアプリは、現在iOSデバイスのみ対応しています。
11. この機能は、今後のファームウェア更新で利用可能になります。ゴーグルからアプリへ伝送された映像は、ケーブル(USB-C ‐ USB-CケーブルまたはUSB-C ‐ lightningケーブル)でスマートフォンへ送信されます。
12. フライスポットは、現在、中国本土でのみご利用いただけます。フライスポット機能によって表示されるすべての飛行場所は、SkyPixelユーザーが自発的に共有されたロケーションタグに基づいています。DJIは、ユーザーの同意なしにユーザーデータを収集または共有することはありません。飛行する場所については、常に適用される規則を確認し、それらに従ってください。

イメージはありません。

レビューはありません。

  • 中古ドローンの買取査定・無料お見積り
  • DJIドローン 製品Q&A
  • DJI製品 取扱説明書

カテゴリーから探す

  • 深空ストア大阪 オフィシャルサイト
  • 空撮サービス
  • ドローンスクール
  • エアロエントリー DJI製品対象の賠償責任保険

カテゴリーから探す