Mavic 2 ENTERPRISE 販売開始

優れた携帯性とデバイス拡張性を誇るMavic 2 Enterpriseは、遠距離からでもズーム機能を用いて近距離撮影が可能。 時間や空間の束縛から解き放たれ、業務の可能性がさらに広がります。

  • ダイナミックズーム
  • OcuSync 2.0
  • モジュラーアクセサリー
  • パスワード保護
  • DJI AirSense

Mavic 2 Proで業務の可能性を広げる

拡張ポートで飛行の可能性が広がります。ドローンに追加デバイスを装着できるため、様々な重要ミッションのニーズにも最高のパフォーマンスを発揮します。

M2E スポットライト

デュアルスポットライトを使用すれば、暗い場所での遭難者に光を届け、簡単に誘導できます。

M2E スピーカー

緊急時の地上チームとのコミュニケーションには、拡声スピーカー。パイロットや作業中の隊員に効果的に指示を伝えます。

M2E ビーコン

衝突防止ビーコン(白色閃光灯)を使えば、離れた場所で作業中の別のパイロットからも確認でき、夜間ミッションにさらなる安全性を確保できます。※夜間飛行については、国土交通省が定める飛行ルールを遵守してください。

飛行の安全性を最優先に

離陸から着陸まで、あなたのドローンと環境に関わりのある全ての工程を見直し、飛行ミッションの安全性をキープしながら生産性も確保します。

機体とデータを、確実に管理下に

パスワードを入力するだけで、デバイスとデバイスの持つすべての機能にアクセスできます。この直感的で分かりやすいデバイスへのログイン方法で、ドローンと内蔵データストレージへのセキュアなアクセスを確実にし、機密情報のリークを防止します。

周辺空域を常に把握

DJI AirSenseで空中の危険を回避。周辺の有人航空機のリアルタイムな測位警報を瞬時に出し、飛行の安全性を向上させます。

かつてない飛行安全性

進化したFlightAutonomyは、8つの高解像度ビジョンセンサーと2つの赤外線センサーが機体に搭載された先進の検知システムで、全方向障害物検知2を実現。その結果、一連の強力なセンサーが機体と障害物間の距離と相対速度を計測し、さまざまな屋外環境や複雑な場所であっても、これまで以上に安定した飛行やホバリングを実現します。

簡単検知、簡単回避

高度操縦支援システム(APAS)を使用すると、ドローンの動きにあわせて、すぐに障害物を検知。特に狭い場所での飛行など、周辺や上空に障害物がある場合の飛行が容易になります。

戦略的かつ実用的な画像システム

画像システムの開発は、次の2つの目標を実現するために開発されました。1つ目は、近接ミッションでのパイロットへのサポート。2つ目は、取得データに時間場所の関連情報を持たせ、高い信頼性を実現するというものです。

ズームイン、ズームアウト

作業は近接で行いたいものです。しかし、同時に、危険性も高まります。Mavic 2 Enterpriseなら、光学2倍ズームとデジタル3倍ズームをカメラに搭載しているため、危険な現場から離れた状態でも、近接ミッションを実現できます。

  • 2倍光学ズーム
  • 3倍デジタルズーム
  • 4K/30fpsの動画撮影
  • 1/2.3インチ-12MP CMOS センサー

信頼性の高いデータ

iOSまたはAndroid端末と同様に、GPSタイムスタンプが映像が撮影された時刻とデータを記録するため、精度とタイミングが不可欠である業界水準のアプリケーションに活用できます。

場所を選ばず、実力を発揮

折りたためるスリムなボディで、優れた携帯性を発揮し、緊急のタスクがいつ発生してもすぐに対応できる設計です。

折りたたみ式コンパクト設計で優れた携帯性を

Mavic 2 Enterpriseの重量905gです。迅速に折りたたんで、ベルト式のツールバッグに素早く収納。どのような現場にも簡単に持ち運んで使用できる実力を備えています。

厳しい環境に対応する自己発熱型バッテリー

スマート自己発熱型バッテリーで、氷点下でも正常に動作。厳しい天候下でも電源が落ちることはありません。

統合型制御システムで思いのままに

さまざまな高度制御技術が搭載されているので、自信を持って飛行できます。その洗練された設計で、離陸するたびに究極の飛行を体験できます。

OcuSync 2.0

デュアル周波数帯の自動切り替え3に対応したOcuSync 2.0で真のフライトパフォーマンスを体験できます。(日本では、2.4GHzのみ使用可能。) その結果、信頼性と安定性の高い飛行を確実にし、最大伝送距離8km4 の1080p動画伝送も向上しました。

FOC ESCと推進力

複雑な環境下でも、最小限のノイズを誇る強力な推進システムが素早い操縦を可能にし、最大飛行時間も31分に延長しました。 さらに、最大速度72 km/h5を実現します。

24 GBの内蔵データストレージ

24GBの内部ストレージで、ミッションに関するデータをより多く保存できます。そのため、SDカードを使って映像を常に手動で伝送する必要はありません。

ディスクリートモード

特に夜間の飛行など、目立たず実行する必要のあるミッションでは、すべてのLEDをオフに切り替えて作業を行えます。(※夜間飛行については、国土交通省が定める飛行ルールを遵守してください。)

さまざまな分野での幅広い活用法

消火活動

現場でより容易に、より高い機動性をもって消火活動を行い、人命を守ります。

警察活動

取得したデータを活用して、治安回復や地域コミュニティを守ります。

緊急対応

行方不明者の位置を特定し、緊急事態に戦略的に対処します。

送電線の点検

重要なインフラを安全に調査し、 定期的な保守作業

携帯電話基地局の調査

より安全に、より効率的に調査を実施します。

橋梁の点検・検査

複雑で貴重な構造物に近接することなく、ズーム機能を用いて離れた状態で調査を実施できます。

プロ仕様の飛行制御とアプリ互換性

DJI Pilot

DJI Pilotは、特に企業ユーザー向けに構築された素晴らしいアプリで、DJIドローンの実力を最大限に引き出します。Mavic 2 Enterpriseのために特別開発されたDJI Pilotでは、パフォーマンスを最大限に発揮するように飛行性能を最適化します。

DJI FlightHub

DJI FlightHubは、ドローンオペレーションを一括管理できるワンストップソリューションです。大規模な組織を管理し、空中での業務を効果的にレベルアップします。Mavic 2 Enterpriseに対応しているため、FlightHubをDJIドローンの既存のフリート(航空隊)に直接統合できます。その結果、空中からの情報を組織全体で活用できます。



  1. モジュラーアクセサリーを使用した操作では、特別な承認が必要な場合があります。現地の規制をご確認ください。
  2. 全方向障害物検知は、左右/上下/前後の方向で検知します。全方向障害物検知は、Mavic 2の機体の周囲360度すべてを完全にカバーするわけではありません。
  3. 国や地域によっては、現地の規制により5.8GHz伝送はご利用になれません。(日本国内では2.4GHzのみ利用可)
  4. 障害物や電波干渉がなく、FCCに準拠している場合。(日本国内は、5 km) 最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンスを踏まえた概測になります。許可がない限り、常に目視可能な場所でドローンを飛行させてください。
  5. 無風の条件下、25km/hの一定速度で飛行した時の測定値です。実際の飛行時間は、飛行環境、使用するフライトモードやモジュラーアクセサリーの種類によって異なります。

Mavic 2 Enterprise スペック

機体

離陸重量(アクセサリーなし) 905 g
サイズ(L×W×H) たたんだ状態: 214×91×84 mm
展開時:322×242×84 mm
展開時+スポットライト:322×242×114 mm
展開時+ビーコン:322×242×101 mm
展開時+スピーカー:322×242×140 mm
対角線長 354 mm
最大上昇速度 5 m/s(Sモード)[1])
4 m/s(Pモード)
4 m/s(Sモード、アクセサリー装着時)[1])
4 m/s(Pモード、アクセサリー装着時)
最大下降速度 3 m/s (Sモード[1])
3 m/s (Pモード)
最大飛行速度(海抜に近接、無風) 72 km/h(Sモード、無風時)
50 km/h(Pモード、無風時)
運用限界高度(海抜) 6000 m
最大飛行時間(無風) 31分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
最大ホバリング時間(無風) 29分
27分(ビーコンON時)
28分(ビーコンOFF時)
22分(スポットライトON時)
26分(スポットライトOFF時)
25分(スピーカーON時)
26分(スピーカーOFF時)
最大風圧抵抗 29〜38 km/h
最大傾斜角度 35°(Sモード、送信機あり)
25°(Pモード)
最大角速度 200°/s(Sモード)
100°/s(Pモード)200°/s(Sモード)
100°/s(Pモード)
動作環境温度 -10°C〜40°C
GNSS GPS+GLONASS
動作環境温度 垂直:
±0.1 m (ビジョンポジショニングあり)
±0.5 m (GPSポジショニングあり)
水平:
±0.3 m (ビジョンポジショニングあり)
±1.5 m (GPSポジショニングあり)
動作周波数 2.400〜2.4835 GHz
5.725〜5.850 GHz
(日本国内は2.400〜2.4835GHzのみ利用可)
伝送電力(EIRP) 2.400〜2.4835 GHz
FCC:?26 dBm
CE:?20 dBm
SRRC:?20 dBm
MIC(日本):?20 dBm 5.725〜5.850 GHz
FCC:?26 dBm
CE:?14 dBm
SRRC:?26 dBm
内部ストレージ 24 GB

 

検知システム

検知システム 全方向障害物検知 [2]
前方 高精度測定範囲:0.5〜20 m
検知可能範囲:20〜40 m
有効検知速度:14 m/s以下
視野 (FOV):水平方向:40°、垂直:70°
後方 高精度測定範囲:0.5〜16 m
検知可能範囲:16〜32 m
有効検知速度:12 m/s以下
視野 (FOV):水平方向:60°、垂直:77°
上方 高精度測定範囲: 0.1〜8 m
下方 高精度測定範囲:0.5〜11 m
 検知可能範囲:11〜22 m
側面 高精度測定範囲:0.5〜10 m
有効検知速度:8 m/s以下
視野 (FOV):水平方向:80°、垂直:65°
動作環境 前方、後方、側面:
地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)
上方:
拡散反射表面(20%超) (壁、樹木、人など)を検知
下方:
地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)
拡散反射表面(20%超) (壁、樹木、人など)を検知

送信機

動作周波数 2.400〜2.483GHz、5.725〜5.850GHz(日本国内は2.400〜2.483GHzのみ利用可)
最大伝送距離(障害物や電波干渉がない場合) 2.400〜2.483 GHz、5.725〜5.850 GHz
FCC:8000 m
CE:5000 m
SRRC:5000 m
MIC(日本):5000 m
動作環境温度 0 ℃〜40 ℃
出力 (EIRP) 2.4 - 2.483 GHz FCC:?26 dBm、 CE:?20 dBm、SRRC:?20 dBm MIC(日本):?20 dBm
5.725-5.850 GHz
FCC:?26 dBm CE:?14 dBm SRRC:?26 dBm
バッテリー 3950mAh
充電時間 2時間15分
動作電流/電圧 1800mA ? 3.83V
モバイル端末ホルダー 対応厚さ:6.5〜8.5 mm、最大長:160 mm
送信機サイズ たたんだ状態:145×80×48 mm (L×W×H)
たたんでいない状態:190×115×100 mm (L×W×H)
対応するUSBポートタイプ Lightning、Micro USB (Type-B)、USB Type-C ™

M2E スポットライト

サイズ 68x60x41 mm
ポートタイプ USB Micro-B
動作範囲 30 m
電源 最大 26W
照度 FOV17°、最大:11ルクス @ 直線30m

M2E ビーコン

サイズ 68x40x27.8 mm
ポートタイプ USB Micro-B
電源 平均 1.6W
操作可能範囲 5000 m
光強度 最小角度:55 cd、
光強度:157 cd

M2E スピーカー

サイズ 68x55x65 mm
ポートタイプ USB Micro-B
電源 最大 10W
音圧レベル 100 db(距離1 m)
ビットレート 16 kbps

ジンバル

機械的な可動範囲 チルト: -130 〜 +45° 
パン:-100 〜 +100°
操作可能範囲 チルト: -90 〜 +30° 
パン:-75〜 +75°
スタビライズ機構 3軸 (チルト、ロール、パン)
最大制御速度 (チルト) 120°/s
角度ぶれ範囲 ±0.005°

カメラ

センサー 1/2.3インチCMOS、
有効画素数:12MP
レンズ FOV:82.6°(24 mm)、47.8°(48 mm)
判換算:24-48 mm
絞り:F2.8(24 mm) -F3.8 (48 mm)
オートフォーカス :0.5 - ∞
ISO感度 動画:
100〜3200
写真:
100〜1600 (オート)
100〜3200 (マニュアル)
シャッター速度 8 秒 〜 1/8000 秒
静止画サイズ 4000 × 3000
静止画モード シングルショット
バーストショット:3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB): 3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル (JPEG : 2/3/5/7/10/15/20/30/60秒 RAW : 5/7/10/15/20/30/60秒)
動画解像度 4K: 3840×2160 24/25/30p
2.7K: 2720×1530 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
最大ビデオビットレート 100 Mbps
カラーモード D-Cinelike
対応ファイルシステム FAT32(32 GB以下)、exFAT(32 GB超)
写真フォーマット JPEG、DNG (RAW)
動画フォーマット MP4 / MOV (MPEG-4 AVC/H.264、HEVC/H.265)

充電器

入力 100-240 V、 50-60 Hz、 1.8 A
出力 メイン:17.6 V ? 3.41 Aまたは17.0 V ? 3.53
USB:5 V ? 2 A
電圧 17.6±0.1V
定格出力 60W

インテリジェント・フライトバッテリー

容量 3850 mAh
電圧 15.4 V
最大充電電圧 17.6 V
バッテリータイプ LiPo
エネルギー 59.29 Wh
正味重量 297 g
充電環境温度 5℃ 〜 40℃
動作環境温度 -10℃ 〜 40℃
発熱方法 手動発熱、自動発熱
発熱温度 -10℃ 〜 6℃
発熱時間 500秒(最大)
発熱電力 55W(最大)
充電時間 90分
最大充電電力 80W

アプリ/ライブビュー

映像伝送システム OcuSync 2.0
モバイルアプリ DJI PILOT
ライブビュー品質 送信機:
720p@30fps / 1080p@30fps
ライブビュー最大ビットレート 40 Mbps
遅延(レイテンシ) 120〜130 ms
OS要件 iOS 9.0以降、 Android 4.4.0以降

対応SDカード

対応SDカード microSD™
最大容量128GBおよび最大UHS-Iスピードクラス3の読み書きスピードのmicroSDに対応  
脚注 [1] 送信機が必要です。

[2] 全方向障害物検知は、左右/上下/前後の方向で検知します。左右方向の検知は、アクティブトラックもしくはトライポッドモードでのみ利用可能です。全方向障害物検知は、周囲360度すべてを完全にカバーするわけではありません。左右方向の障害物検知システムは、特定のモードと特定の環境でのみ機能します。アクティブトラックもしくはトライポッドモードが有効になっている場合でも、左右方向に飛んでいる場合の損傷による損失は、DJIは保証いたしかねます。ご了承ください。Mavic 2を操作するときは、周囲の状況とアプリの通知 に注意して安全性を確保してください。仕様に記載されている値は、リリース時の最新版ファームウェアでの測定値です。ファームウェア更新で性能が向上するため、ファームウェアを最新版に更新することを強くお勧めします。

[3]仕様に記載されている値は、リリース時の最新版ファームウェアでの測定値です。ファームウェア更新で性能が向上するため、ファームウェアを最新版に更新することを強くお勧めします。